Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

にしっち 

Author:にしっち 
   
しんごバカのにしっちです.

基本あまのじゃくのどえすさんです.
ときどきいたい人に変身したりします.
すっかり気まぐれ更新ですが、
細く長くお付き合いいただけたら嬉しいデス☆
○ 写 真 集 ○
○ こんなのも ○
-------------------------------
拍手でいただいたコメントへは、その日記の拍手ページにてお返事させていただいています。ありがとうございました。

● 過去のおはスマ・レポ ●
   ☆あろはわ~い分室☆
● メールはこちらへ ●



新着日記
リンク
なまかブログさん

過去ログ
検索フォーム
ブログ全記事表示
QRコード
QRコード
     



あろは★わ~い

... It's still you!!  

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.20 Sun 17:05
このたびの地震により被災された皆様に
心から 慎んで 深く強くお見舞いを申し上げます。

いままで私のブログを訪れてくださっていた方の中にも今回の地震で被災された方が
もしかしたらいらっしゃるのかもしれません。
受けられた被害の程度はそれぞれだと思いますが、
いずれにしてもこのようなブログを見る心の余裕が訪れるのはまだずっと先のことだと思います。
それでもやはり私が直接お見舞いの言葉を言えるのはここしかないので、
しばらく閉じていたブログですが、もう一度開くことにしました。



震災以降 いろいろな方面からの報道がなされています。
その中のひとつに 死者の数が阪神淡路を超えた というものがありました。
私にはなんだか違和感のある報道でした。
数の比較になんの意味があるのだろうと。

たとえば、毎年のように台風や水害などの自然災害で命を落とされる方がいます。
その方たちも 今回の大震災や阪神淡路、中越地震ででなくなられた方たちも
ひいては他の災害、人災、戦争、内戦、テロでなくなられた方たちも
みんなおなじたった1つの命。
膨大な数の命の前に それぞれ個々の命があり 
ひとつひとつの命の前にはたくさんのつながり、絆があっただろうと。
そのことに自分自身もっと思いを馳せなければいけないのではと思います。
だからといって何をすればいいのか 漠然としすぎていて具体的にわからなくもどかしいのですが、
集計でまとめられる数字を見て悲惨さを思うのではなく、
ひとつひとつの個の命についてを もっとたいせつに受けとめなければいけないんじゃないかと思いました。



いま自分にできることは何か みんなが強い気持ちで考えていると思います。
私もずっと考え続けています。
阪神淡路のときは今の自分と条件が違っていて、
具体的にできることがもっとあったのにと もどかしく歯がゆく無力さを感じます。
でも 今の自分がやらなければいけない目の前のことを一生懸命やりながら、
少しずつの募金、せいいっぱいの節電、必要なものだけ買う、
をできる範囲で続けていこうと思っています。
みんながそれぞれの個性に合った「できること」をやっていけばいいのではと思います。

そして特に思うのは、
震災以降も「ふつう」の日々を送ることができている方たちには
そのままがんばって「ふつう」を維持していてほしいと思います。
関東では計画停電の影響で 地震の被害こそ小さく済んだものの
今ひとつ震災前の「ふつう」の日常に戻れないでいます。
子ども達の活動も制限されたままの地域が多いと思います。
だからこそ計画停電のない地域の方たちには、なんでもなく元気いっぱいでいてほしいなと思います。
停電問題が解決すれば 東京もすぐさまそこに加われるだろうと思います。
被災者の方の生活が改善され、一歩ずつ地域復興に向かって歩き出されるときに
そこに「ふつうの日本」が待っていなければと思います。
被災者の方がもとの生活に帰るよりどころのない日本になってしまってはいけないと思います。
そして日本は絶対にどうもならない、このまま大丈夫だと、強く信じています。



たったひとつ 私たちの誰にでもできること。
「忘れないでいること」。
いちばん簡単で いちばん難しい。
あれほどの衝撃だった阪神淡路でさえ、近年は風化の歯止めにみなさんが心を砕かれています。
人は誰でも よほどの思いをしないかぎり喉もと過ぎれば熱さを忘れてしまいます。
忘れないこと。
忘れないこと。
忘れなければ支援はずっと続いていくと思います。
自分自身に言い続けたいと思います。



このようなナイーブな件を書くのには拙文すぎて申し訳ありません。
うまく伝えられず語弊があるかもしれません、ご不快な思いをされましたらお詫び申し上げます。



Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Copyright © あろは★わ~い All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。