Calendar
2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

にしっち 

Author:にしっち 
   
しんごバカのにしっちです.

基本あまのじゃくのどえすさんです.
ときどきいたい人に変身したりします.
すっかり気まぐれ更新ですが、
細く長くお付き合いいただけたら嬉しいデス☆
○ 写 真 集 ○
○ こんなのも ○
-------------------------------
拍手でいただいたコメントへは、その日記の拍手ページにてお返事させていただいています。ありがとうございました。

● 過去のおはスマ・レポ ●
   ☆あろはわ~い分室☆
● メールはこちらへ ●



新着日記
リンク
なまかブログさん

過去ログ
検索フォーム
ブログ全記事表示
QRコード
QRコード
     



あろは★わ~い

... It's still you!!  

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01.13 Tue 14:51
誕生日に 大好きだった本をプレゼントしてもらいました。
その中に こんな一節がありました。


” 言葉は 心を心へ 伝えるもの
   心は矛盾していたり混沌としていたりあやふやだったりするけれど
 そういう うまく口では言えない何かを伝えることができたら・・・ ”



大好きな人を想うときの
大好きな人に会えたときの
どうにも表現できない気持ちをどうにかして遺したくて
だから私は なんだかんだいっても ブログをやめないのかもしれないなぁ

この文章を読んで ふとそう思いました。


なんてね^^

このことは 今日の日記とは直接なんの関係もないんだけど、
今日 これから書こうと思ってる話を書くにあたって、
どうしてもアタマから離れていかないので ちょっと載せてみました。


・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・


5歳の誕生日 
朝起きたら 虫歯がすっごく痛くて痛くて
お母さんが作ってくれるチョコレートケーキが食べられないと わんわん泣いた私
お正月で歯医者さんは どこもお休み
遠くの大学病院まで 泣きながら電車に乗ってお父さんに連れて行かれ
ちゃんと治してもらって ちゃんとお祝いしてもらって ケーキも食べられた

可笑しくて あったかくて 幸せな誕生日の記憶


ずっと長いあいだ 誕生日で一番だった記憶を
かる~く超えてしまうような 
とっても たいせつな時間を送った 今年の誕生日

「初夢」 につながる話

言葉より想いの比重が大きすぎて 書こうと思っても全然書き出せなかった話






さかのぼること 誕生日から1週間前。

・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・

まだ お日さまも顔を出さないうちの1本の電話がハジマリ。

ぜんぜん別の話の件でかかってきたんだと思ってて 笑いながら話をするつもりだったのに。
「モシモシ ニシッチ・・・」 
居ても立ってもいられなくさせる 悲壮な最初のあの一声がいまだに耳に残ってる。

「イイトモニアタッタノ」

まじでぇーーーーっ!? とすっとんきょうな声を出したのは覚えてる(笑)
私のがハズレで返ってきたときに、
あ・・・これはあっちがクルよ、きっと・・・ とは確かに思った。
思ったけど 本当にそうなったことにまず驚き&ビビッタ。

でも そのすぐあとのひとこと

「デモネヒコウキガゼンゼンナクテネ・・・・・」

そのとき初めて
その日が 世の中のカレンダーでどんな位置にあるのかに気づいた
誕生日だからハガキ出したいなんて言った自分を思いきり罵った


あぁぁぁぁぁ 
また あの朝とおんなじだ
胸の真ん中を冷たいものがドンドン流れ落ちる感覚がした

どんなふうに会話を続けたのかは覚えてない
けど

ぜったいダメ あきらめちゃダメ
お願いだからがんばって
また今度も来れないなんて そんなの絶対にダメだよ
どうやってでも なにがなんでも来るんだよ

そのキモチばっかりでココロがぎゅうぎゅうして苦しかった
とにかく気力をつながせなくちゃ
最後まで絶対に気力をつながせなくちゃ
絶対に来れるんだから
来れないなんてありえないんだから

早朝だっていうのに ベランダでずいぶんデカイ声だしたかもしんないなぁ(笑)

言うだけ言っておきながら
いざ 自分にはなにもできることがない無力感
ひたすら祈って信じて祈って信じるだけ
仕事終わりに お願い事があるたび頼ってきたいつもの神社に
毎日毎日お願いした
どうしても どうしても どーーーうしてでも来させたいんです
なんとしてでもあの中に入れたいの
あそこでしんごに会わせたいの
もう今後一切なにもお願いしません だから・・・


来れないっていうんならコッチから迎えに行くまでだよ
とりあえず海さえ渡って 来れるとこまで来てもらえれば

と東北道のルートを確認しようと思うころ
どうにかなりそうな光がさしてきた

思い返せばほんの数日のことだったろうけど
長い長い長い時間だった
その間に年が暮れて明けていたけど 
決定事項になったあとも 
その日が来るまで いつも爪先立ってコワゴワ歩くような感覚が抜けなかった
実際に飛行機がちゃんと飛ぶまでは

そう 疑い深いんです、私(爆)


違う 違う~(笑)

もしも もしも もしも 
もしも万が一ここまできて叶わないなんてことがあったら・・・
どうなっちゃうのか考えるのすら恐ろしかった
こわすぎて口にもできなかった



なんせ前例もあることだし(爆)
ちゃんと飛行機が飛ぶまでは 申し訳ないけど神様はまだ信用できないと思ってた

離陸の時間が近づくほど胃はどんどん痛くて
気持ち的には 操縦室で機長を監視してたいぐらいだった(ぷっ)


ちゃんと食べなよ?食べなよ?と、 おかーさんか!的にしつこく言ってたわりには
自分もぜんぜん食べれてなくて
あっちとこっちとで体重落としまくりだったのも報われたなって思う
(せっかくグ~なスタイルになってたのに、もったいなかったわぁ・笑 ←すでに元通り)


・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・


ハラハラさせてもらったお返しに 泣かせてやろうと思って(笑)
羽田まで迎えに行くことは最初っから決めていた
(うそうそ^^; 山手線の内側でなんてノンキに自分が待っていられなかっただけ)

到着口で待ってるあいだ
いろんな人の再会を目にしてほのぼのしてた
彼女を出迎えにきた若い男の子 
彼氏が出てくるなり腕に巻きつく女の子
新婚さんかなぁっていうような ダンナさまだか彼氏だかのお迎えにきてた彼女
私はどんなふうに見えてるんだろうなぁと思うと ひとりで吹き出しそうだった
日曜の 夜も遅くのこんな時間
どう見たって多分 彼氏やオットの出迎えに来てるように見えるんだろうな
ま 似たようなもんだから別にいーけど (え)
待ってる心境としてはほとんどそーなんだけど (ええええ)

例えばもしものもしも しんごのお迎えだったとしても
こうまで一生懸命になってないなって無駄な自信があった

なのに!
ちょっとよそ見してるあいだに とっとと通り過ぎてくれてて唖然だったよ(大笑)
どんなスピード!?(呆) と思うほど追いつけなくて (私は決して歩くの遅くないぞ)
肩をたたこうと思っても 位置が高くて届きそうにないし (爆)、
早いっつーの!! と ちょっと恨みもこめて(笑) 飛びつくイキオイで肩たたいたら
(今思えばカバンぶつければよかったわ ・べー)
この1週間にあったことは全部ふきとんだ
思いっきり泣きたかったけど ゲラゲラ大笑いしてた
きっとあれはけっこうロビーに響きわたってて なに?この人たち?状態だったよ(汗)

来れたね ほんとに来れたね
もう ここ 東京だよ


まさか一緒に来れる日がくるとは~(泣)
とっくのとうに閉店してますけど、それがなにか!?のスマショ(笑)
ガラス越し 遠目に見えるしんごの衣装が逆にアブナイのもウチラらしい
見せたいなぁと思いながら写真を撮ったイルミネーション
まだ点灯してくれててありがとう

朝 夢に見たとおり
「そこ」 に行く道を
夢の中のとおり 笑いながら歩く

神社ってフツウ閉まるもんなの?? かなり驚かされた初詣
二人とも ふだん暗闇の中で仕事してるくせに 
真っ暗でコワイコワイ と言いながらも こっそりお邪魔しま~す
お礼言いに来たんだから バチなんか当たらないよ
最初に一緒にここに来たときお願いしたこと 叶えてくれてほんとうにありがとう

さぁ 急げ 時間がないぞの流し込みカンパ~イと
カレー食べてる人の横で プリンをいただく はぴば
「帰りたくな~い」 「帰したくな~い」  ・・・・・キモチワル~イ!! あんたたちナニっ?(≧∇≦)
からっぽの胃袋にビール流し込んだ酔っ払いです(笑)
ウソだよ あんなくらいで酔わないから~ 素だからよけいキモチワルイ(爆)




・・・・・ 明けて翌日。

とうとうきたね  きちゃったね


やっとここに来れた想いの大きさの分
あの日のしんごが ほんとうにゲンキで 
いろんなカタチの笑い顔や 
いたずらっこなところや 
いつものSなところ
いっぱいの背中 横顔 ゆび 
それから後ろアタマ (+ちょっとだけハゲ・笑)
うなじ

そんなふうに笑うの初めて見たよ っていうような ほにゃっと消えてなくなった笑い顔
ちょっと眠そうになった瞬間
それから あの目

私が見てきた 今までのしんごを 
あの短い時間に ぜんぶ見せてあげてくれて ほんとにありがとう
一緒に見させてくれてありがとう
これでぜんぶ完璧に伝わった
もうこれからも ちゃんと伝わる
そう思えた

ついに叶ったよ



終わったね 終わったね
最初から大きいグラスで頼めばよかったね の、またビール(笑)
笑っていられて嬉しいね
いつもずっと こうならいいのに


今回ばかりは絶対ひとりにしないと決めてた見送り
太陽がどっちに沈んだんだかわからない 窓のむこうの夕暮れ

帰りの電車 すっかり日も暮れて 私も途方に暮れる
明日からなにをしたらいいんだろ
夢は叶ってしまったよ


・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・


翌日の仕事終わりに いつもの神社にお礼を言いに行った
ほんとうにありがとうございました
もうオネガイゴトはしないと言ったから これからは自分のことは自分でかんばります



そんな 4と5の日のはなし。
4 to 5 の日。
405の日。


この夢のつづきはなんだろう
またここに残った私の つながる道はどこだろう
今のところはもう何もいらない
でも 欲張りな私はまた何かを願うんだろう
よく見えないけども 漠然とわかってるのは 
きっとどこかにつながってるんだということ



・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・  ・・・・・・・・・・

虹のたもとは小人の国だと 子どものころから思ってた
きっと藤城清治さんの影絵をいつも見てたからかもしれない
虹の橋をわたるときは小人になれるんだと
 

わたしたちは小さくて
虹の橋はとても大きくて
きっと この先もまだまだつづいてる
わたりきってしまったと思えたのは気のせいで
まだ のぼりはじめたところなのかもしれない
そうやって ずっとずっと歩いていけたらいい
いつか 
虹の上で 
ほんとうのほんとうに会いたかった人の 
ほんとうの姿に
会えたらいい





管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  2009.01.14. Wed 13:47 [Edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  2009.01.14. Wed 21:18 [Edit]
まきんごちゃんとの話をうさにも聞かせてくれてありがとう
ありがとうっていう言葉がいちばんピッタリくるくらい、
ふたりの「4to5」のお話は素敵だったし嬉しく思ったよ
ほんとうによかったね、
ふたりともほんとうによかったね
こんなに胸がドキドキするほど嬉しいなんて、
そんなうさがちょっと恥ずかしいくらいだけど、
ほんとうにほんとうによかった・・・・・

夢のつづき・・・どんな続きになるんだろうね
しあわせと思える続きだといいね
From:うさ URL 2009.01.14. Wed 23:59 [Edit]
以前のいいとものお話は、ここに繋がるのかな?
そうだとしたら…
ホントに本当に良かったです!!
凄く、嬉しいキモチになりました♪ 
やっぱり、にしっちさんのいろんな想いを、
神様はちゃんと見ていてくれて、願いを叶えてくれたんですね!!

信じて願う事の大切さを、いつもにしっちさんに教えてもらってるなぁ。。。

遅ればせながら…
お誕生日おめでとうございます☆
From:miona URL 2009.01.16. Fri 00:34 [Edit]
コメントありがとー♪
M☆☆☆へ

いっぱいいっぱいいーっぱい読んでくれてありがとう
そいで いっぱいいっぱいいーっぱいのコトバありがとう

今回のデキゴトの1ばんのいちばんで
いちばん泣いたところはどこなんだろー^^

って、、、きっとココだろうなって思ってるんだけど
こっちじゃなくてソコなの? ソコでいいの? って思うんだけど(笑)
でもやっぱし いちばんのいちばんはソコだよなぁ~・・・(涙)
って私も思う!
違ってたら困るから ドコかはハッキリ言わないけど(爆)

って コソアドばっかり多すぎて意味不明(笑)

うん そーね^^ ごめんねは言わないで正解だよね(ぷ)
そらぁ怒るよー(笑) だって私がずっと願ってきたことでもあるんだから


今いる場所の色は何色だと思う?
そのときのキモチによって いつのまにか足元の色は変わったりするのかな
どこに向かって伸びてるのか 見えないからいいのかな
落っこちそうになったら潜ってしまえばいいのかな
いろんな花があって樹があって雲がすぐそばで空に触れられて
きっと楽しい道程だね
いつかあの背中を見つけることはできるかな


From:にしっち URL 2009.01.16. Fri 13:45 [Edit]
コメントありがとう♪
Sちゃんへ

こーんな長いの 何度も読んでくれたのー?(涙)
どうもありがとう~~~~m(_ _)m
そのうえ とってもあたたかいコトバまでかけていただいて
すーごく嬉しかったし ほっとさせてもらったし
本当にとっても幸せモノです 私。。。

それでー^^
例の「質問」の件は ぜんっぜん気にしないでね!!
Sちゃんが反省することなんて ちーっともないし、
メールいただけて嬉しかったんだよ~?(*^o^*)

そして あの日にSちゃんと「はじめまして」ができたことは、
私にとっても すごく特別で思い出深いデキゴトになったよ~
お会いできて 少しだけどお話もできて ほんとに嬉しかったデス!!
それから ハピバのメッセージもどうもありがとう~♪♪

どこかにつながっている夢の続きへの道
楽しみながら ゆっくりゆっくり歩いていきたいよね^^
ほーーーーーんっとに どうもありがとう!!

From:にしっち URL 2009.01.16. Fri 17:36 [Edit]
コメントありがとう♪
うさちゃんへ

こちらこそ(涙) 
読んでいただいて本当にありがとうーーーー・・・
聞いてくれてありがとうーーーーー・・・
呆れないで付き合ってくれてありがとうーーーーー!!

私が当たったんじゃなかったので 私からは何も言わずに行かせてもらってきたけど
うさちゃんの おっきな あったかーい気持ちに見守られて
それでたくさんの幸せをもらってくることができたよ
ほんとにほんとにありがとう

つづきはどこにあるのかなぁ 
見えないからきっといいのかもしれないね
ドキドキしながら 手探りで歩いていけるのが いいのかもしれないね
ゆっくりゆっくり楽しみながら
みんなでそうやって歩いていけるといいね
From:にしっち URL 2009.01.16. Fri 17:44 [Edit]
コメントありがとう♪
mionaちゃんへ

前に書いた いいとも観覧の話
覚えていただいてて嬉しいです(;_;)

うん、、、 そうなんですね あのときの話も私の中ではここに繋がってるものです
そのことを mionaちゃんにも 「よかったね」 と言っていただける私は
ほんとうに恵まれている幸せモノだなぁって思います。。。
それと同時に mionaちゃんの優しさがヒシヒシ伝わってきて 
どうしよう~って思っちゃうくらい嬉しいです・・・
ほんとうにありがとう~~~~(泣)
はぴばのメッセージもありがとうございます♪

mionaちゃんの願いもきっと神様は見てくれていると思いますよ☆

From:にしっち URL 2009.01.16. Fri 17:54 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Copyright © あろは★わ~い All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。