Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

にしっち 

Author:にしっち 
   
しんごバカのにしっちです.

基本あまのじゃくのどえすさんです.
ときどきいたい人に変身したりします.
すっかり気まぐれ更新ですが、
細く長くお付き合いいただけたら嬉しいデス☆
○ 写 真 集 ○
○ こんなのも ○
-------------------------------
拍手でいただいたコメントへは、その日記の拍手ページにてお返事させていただいています。ありがとうございました。

● 過去のおはスマ・レポ ●
   ☆あろはわ~い分室☆
● メールはこちらへ ●



新着日記
リンク
なまかブログさん

過去ログ
検索フォーム
ブログ全記事表示
QRコード
QRコード
     



あろは★わ~い

... It's still you!!  

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.03 Sun 15:14
久しぶりに何もない日曜日 10時間寝たー
この2週間ほど ずっと 3時間半くらいなパターンが続いてたので スッキリ~
で またこれが1週間分くらいの寝ダメになっちゃうわけだ (爆)

さて 昨日の 【裏スマ】 は やっぱり木村くんも登場でした

HPのギャラリーにあがってる今週分のイラスト作品
あれを二人で書くというもの。

スタジオ ステージ上に畳が敷かれ、 
慎吾と木村くんが スタジオ後方(スクリーンの方)を向いて 正座しています。
二人とも気合いの入った 真剣な顔(^w^)
向かって左が木村くん 右が慎吾 二人の間に硯と紙が置かれています。
二人とも無言で 映画 『武士の一分』 の音楽が流れるシーンとした中、
慎吾が左手で筆をとって 「武士の 分」 と・・・
書いてる顔が すごく真剣な でも楽しみながら書いてる いい顔
慎吾の書く字を真剣に見つめる木村くん 
少し覗き込むように見たあと 木村くんも もう1本の筆を取って
慎吾の書いた中に 「一」 と 力強く書き足しました。
今度は逆に慎吾がそれを真剣に見つめて・・・
木村くんは自分の名前を書いた後 その筆を慎吾に渡して
慎吾も自分の名前を書き入れました。 
自分の書いた筆を自然な流れで慎吾に渡す木村くんと 受け取る慎吾
ほんの瞬間的にアイコンタクトをとって・・・
0.1秒?なくらい短いその瞬間に 
ふたりの 「絆」 がすごーく感じられたワタシなのでした (涙)
そして 書き終えると カメラの方に向き直って
「今夜のゲストは木村くんです よろしくお願いします 
「ヨロシクッ!!
と 打って変わった木村くんのテンションの高さに スタッフさんの笑い声

で CMに入ったという裏スマでした☆

-----------------------------------

「シュート」 の映像が流れちゃいましたねぇ (爆笑)
もう ほっとぺっぱーのCMにしか見えないんですけどっ!! ていう・・・
タカハタさん もう 狙ってるとしか思えない! ってくらいCMのシーンばっかで 
ほんとに笑わすために入れたんじゃないの? って疑っちゃうよ (笑)



いつもは怖いぐらいに眼光鋭く 
全部吸い取ってやるぞ的空気で特集Vを見てるしんごだけど、
昨日は ちょっと違って柔らかいというか・・・
木村くんが 共演者の方からどんなふうに思われてるのか知りたい!って
相変わらず好奇心いっぱいの目をしてるのはいつもと一緒だけど、
やっぱ いつもとはちょっと違って。。。
余裕がある っていうとちょっと変だけど~ 
「子供の頃から木村くんを すぐ近くで いろんな面を見てきた慎吾」
にしか出せない空気が しんごから漂っていたような (笑)
きっと 他のメンバーだったとしてもそうだろうし、
木村くんの隣にいるのが慎吾じゃなくて他のメンバーでも
同じ空気をやっぱ出すんじゃないのかな~って
その空気が何? っていうと やっぱ 「絆」 ってことになるのかな?

子供の頃から カッコ悪いところもダメなところも大人になっていくのも
すぐそばで見てきた慎吾は この特集Vを見て何を感じてるのかな。。って
そこばっかりが気になった1時間でございましたわ (笑)

番組前に 映画を見てきたしんご (やっぱり~って思った ・笑) が、
『武士の一分』 をエンターテイメントだと評したのは よくわかる気がする。
エンターテイメントっていうと 「娯楽」っていう言葉上のイメージが強くて
時代劇とそぐわない感じがするけど、
派手さはなくても 超一流のエンターテイメント。
ものすごく丁寧に 「見せる」 ことに徹底してこだわって作られているのが
スクリーンから伝わる。
黒澤映画と同じように 妥協がなく 計算されつくしてるんだろうなって。

そして 今まで 木村くんのことをあまりよくは思ってなかった人も
キムラタクヤがなんだよ的に ちょっと穿った見方をしてた人も
この映画を観たら 嫌でも木村拓哉を正当に評価せざるを得ないと思う。
つまらない やっかみの入り込む余地はないと思うな~。 そうあってほしいな。

VTRを見ての感想 「今日からまた新しいスタートだ」 って、
そう言える木村くんは だからこそ木村くんなのだけど
その言葉を受けて 「締められてる感じが (したんでしょう)?」 と言える慎吾もスゴイなと思ったの。
それは 慎吾が木村くんと同じキモチでお仕事してることの証明だって。
賞賛をそのまま 「ありがとうございます」 で終わらせない
SMAPがSMAPたる所以は そこなのかなって 共通する二人の反応を見て思った。

木村くんへの賞賛の言葉が並んだVTRだったけど
実はそのまま慎吾にも当てはまるんじゃないのかなって ふと思った。
慎吾のパブリックイメージが邪魔をしてるけど、
オモテに出る部分の取り組み方やアプローチは全然違う二人かもしれないけど、
仕事に対するスタンスは これだけ賞賛される木村くんも慎吾も変わらないじゃん と。
もちょっと 慎吾のこともちゃんと評価してもらいたいな~ なんて。
しんごの特集 やらないのかなぁ~!? スマステは (笑)


「男の一分」 だと思った っていうしんごに ますます惚れた (あは^^;)
しんごの中の 「男」 の部分で 愛を感じてきたんだろうなと思って
そんなしんごが もっともっと好きになって スゴク好きだと思って
この人で よかった。。。 と思った。
なんちって~ (照)
肌荒れ注意報発令中みたいだったね お疲れだろうけど ガンバレ!

なんか 今日 全然話がまとまらなくてグデグデなのに やたら長かった~
ごめんなさいっ
グッジョブ!
どうもです^^。このまとまらなくてグデグデって
よお~くわかる~。でも実はまとまっていると思う!
「うお~すげ~」って思いで読みました。^^
私も今回はイロイロ思ったなあ~。
「男の一分」って言った時は鳥肌だったね!
慎吾特集。私も考えた~!笑
でもそれがあるのは「最終回」かもと思ったら
勝手に寂しくなった。(勝手すぎる)
From:ナカタマ URL 2006.12.03. Sun 22:16 [Edit]
コメントありがとう♪
>ナカタマさん☆
どうも~^^ でござる。
今読み返しても やっぱりグデグデで全然まとまってなかった (苦笑)
それなのに どうもありがとう~ (感涙)
「男の一分」 に鳥肌・・・ わかるっ(>_<) わかりますぅ
なんか・・なんともいえない 「男」感が漂ってました。
ごめんなさい 説明できないけど~(;^_^A
「しんご特集」 で最終回? いやん そんなの~(笑)
そんなベタな最終回なんてスマステっぽくないので
きっと いつかはやってくれると期待しておきましょうね~♪
From:にしっち URL 2006.12.04. Mon 18:09 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © あろは★わ~い All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。