Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

にしっち 

Author:にしっち 
   
しんごバカのにしっちです.

基本あまのじゃくのどえすさんです.
ときどきいたい人に変身したりします.
すっかり気まぐれ更新ですが、
細く長くお付き合いいただけたら嬉しいデス☆
○ 写 真 集 ○
○ こんなのも ○
-------------------------------
拍手でいただいたコメントへは、その日記の拍手ページにてお返事させていただいています。ありがとうございました。

● 過去のおはスマ・レポ ●
   ☆あろはわ~い分室☆
● メールはこちらへ ●



新着日記
リンク
なまかブログさん

過去ログ
検索フォーム
ブログ全記事表示
QRコード
QRコード
     



あろは★わ~い

... It's still you!!  

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.12.22 Fri 19:20
髪の毛 切っちゃいました~
短くしたい とはひと言も言ってないのに 終わったらなぜか短くなってた (大笑)
そうは見えなかったと思うけど なにげに肩甲骨の下まであったんですよ 今までは。
それが・・・!
今もう 肩までもないっO(≧∇≦)O
なんで こうなったんだろー ふははははっ おもろい!! 変な顔~
いや~ ストレートに戻したいって言ったんですけども。
私はもとが超直毛なので ストパあてると海苔になっちゃうのね (笑)
なので パーマあたってるところをすそも切りつつ レイヤーの中途半端なのも切りつつで 
徐々に戻しましょうという提案を はい おまかせでー(^o^)/ と返事してたら こうなった (最高)
これがまた すげー似合わんO(≧∇≦)O 
伸びるまでキャン待ち行くのやめよかな (笑)
んでもね しんご並みに伸びるの早いので あんまり悲壮感は漂ってませんデス
夏にまた スマ友さんたちとお会いできる頃には かなり戻ってるんじゃないかな~
ちょっと無理があるか? (^o^)ゞ

さて。
今日も しんごめぐりなお話デス。。。

んと。。。ちょっと申し訳ないことに、 お台場に行けた方か
その方から 「今日のしんご」 の写真を送ってもらった方にしかわからない話かも・・・ でホントに申し訳ないんですが。



しんごが その日撮ったのをその日に送ってる 「きょうのしんご」 の写真の中に
あ、 ここ 行ったのかな?・・・ とスゴク気になる写真がありまして。
家に帰って調べてみたら
大竹伸朗展 「全景」 を開催中と。

大竹さんの絵で 前からすごく好きな絵があっったんです。
20061222134326
← これなんですけども。
この絵を描いた人っていうことで名前は知ってたんです。

20061222134314
← この子を描いた絵なんですけど
 (これはウチのトイレの子です^^;)
そっかぁ しんごは大竹さんに興味あるのかぁ と思って。
行ってみたいなぁ って。
そしたらお友達ブログさんでも紹介されてて
読ませてもらってるうちに 私も行きたい! と (汗)

だけど どうしよう 行ってる場合じゃないし (忙) ってちょっとためらってて。
でも しんごが行った”かもしれない”美術展を私がリアルタイムに知ることができて、 なおかつ開催中に同じように行けることってもう一生ないかもしれない と思ったら、 行かなくて何年も後悔するより忙殺されたほうがマシだー! 
で、 思い切って行ってきました。
ひと言で言うと 行って本当によかった。
すっごくおもしろかったです。
「おもしろい」 って形容は適切じゃないとは思うけど うん おもしろかった!
ガンガン引き込まれてしまって時間が足りず、 最後のほうはほとんど流し見になってしまったのが心残り。 最後まで全部じっくり見たかったー
まだそんなお年じゃないのに 恐ろしいほどの作品量で
技法も手段も多岐にわたっていて とても圧倒されました。

もしもしんごが本当にここにきたのなら・・・
しんごがすぐ隣に立っている錯覚をホントにおこすぐらいビシビシとしんごを感じてしまって 正直 最初のほうは苦しかったです。 どこかが痛かったです。
どうしてか泣けてきてしかたなく 一生懸命まばたきして押し戻してました。
大竹さんの作品なのに しんごを見ているみたいで 
それぐらいしんごに近いというか しんごと被って見えてしかたなかったです。

広告や切手やチケットや切抜きを貼ったり そこに絵を描いたり色を塗ったり 自由に表現された 1冊1冊がとても分厚い 「スクラップブック」 という 今現在にいたるまでの64冊にものぼる作品がずらーっと展示されていて。
ここが一番 しんごをすぐ近くに感じました。 
不思議と 一緒に見てるみたいに 私の横にいるみたい思えました。
そして 大竹さんのスクラップブックたちは 私の中ではまるっきりしんごの作品みたいに見えてしかたなかったです。
それとは別の回路でまた 
しんごはどれぐらい ワックワクしながらこれを見たんだろうな(*^_^*) って思ったり
そこともまた別の回路で 
私自身が うわーおっもしろい!超好きだーこれっ 私もやってみたい と思ったり
もし しんごがこのスクラップブックたちを見たのなら きっとしんごなりの違ったカタチのスクラップブックに変えて 私たちに見せてくれるに違いないな って気がしたり。
そして、
あー そうか・・・ 花伝舎のあの写真部屋は
しんごにとってのスクラップブックそのものだったのかな って急に思えたり

その次のスペースに 大竹さんの10代の頃の自画像がたくさんありました。
なぜか しんごそのものだ って気がしました。
質問の答えを待ってるような 誰かを待ってるような 自分の道を探してるような 
寂しげな暗い目で でもどっか攻撃的な目で 座り込んでる10代の男の子
私の中にいるしんごと とってもかぶりました。
しんごはどう思ったかな? 自分みたいだ って思ったかな?
きっと思っただろうな って しんごのこと知りもしないのに勝手に確信したりしました。

でも その後 大竹さんが画家としてデビューしたあとの作品たちは
ただもう圧倒されるばかりでした~(笑) 
とにかく大作が多くて その創作過程がもう想像もつかないっ
いいもの見せてもらっちゃったなぁ~ ってホントに引き込まれました。

しんごはどう思ったかな? なにを感じたかな? って色々想像したり
羨ましいと思うのかな 自分も自由に飛びたいと思うのかなって 思ったり
しんごにはしんごの道がある しんごにしか歩けない道があるから
だから人と比べて焦ったりしないでね って そう思いながら見たりもしました。

途中で 腰が痛くなって ベンチに座った時に 受付でもらったカードを何気なく開いてみたら・・・ ジャ ジャリおじさんだーーーっ
「ジャリおじさん」 って知ってますか?
絵本なんですけど 福音館書店のこどものともシリーズの。
「ジャリおじさん」 コドモの絵本に似つかわしくない絵のシュールさがすっごくおもしろくって
気に入って私が買ったのを
当時 幼稚園の年中だったむすこが これまたおそろしく気に入って 
一時期 じゃりじゃり言いまくってたくらい 我が家でおなじみの絵本がありまして。
その作者の ”おおたけしんろう”・・・ 大竹伸朗!! あーーーっ!!!! 
えぇーーーーーっ!?!? \(◎o◎)/ どっ・・・どういつじんぶつだったんだ・・・
そこで初めて気付いた馬鹿 (笑)
これなんかスキッ とか これなんとなくヤダ~ とか 第一印象の直感に素直に従って取捨択一してる自分だけど (思慮が足りないともいう^^;)
好きなものや好きな人って どこかでつながってるんだな~って すごく嬉しかったです。


20070205203053しんごが立った場所に立って 写真を撮りました。
リアルにしんごが私の中にずんずん近づいてきて 後ずさりしそうでした。
しんごが見た風景を自分も見てることが 
嬉しいとか 幸せとか そんなんじゃなく
ただ ズキズキ痛くて痛くて 苦しかったです。







Mステ はじまっちゃったねー
しんごをちゃんと見れない自分に 焦ってます。

どうしよう しんごがだいすきです


ヤバイな(;^_^A  このテンションはなんとかせねば (笑)



行ってみたいな~
にしっちの単髪もかなり見たいが(爆)
大竹さんの個展も見たいな~
それにしてもにしっちの造詣の深さにはいつも感心させられるわ
私が慎吾を感じるかどうかは別として
すごくその空間を感じてみたいな~と思ったのでしたマル
しかし、そんな思い抱いてMステじゃ~無理だね。フフフ
そのテンションでこれからの数日は厳しいぞよ。
一緒にバカ話して上げていこう~?(笑)
From:すずめ URL 2006.12.23. Sat 13:53 [Edit]
コメントありがとう♪
>すずめっち☆
ぐはははっ 「単」髪 になってるよ~(笑)
すずめっちより短くなっちゃったよー?
大竹さんの美術展は残念ながら今日までなんだよ。
だから私も慌てて行ったんだ~。
造詣??\(◎o◎)/ んなもの全っ然 深くないぞよー!!
ほんとにほんとに まじで謙遜じゃないよ。
すずめっちこそイラスト描けるし 行ったらきっと沢山刺激を受けるんじゃないかなぁ。
また何かの機会で見れるときがあるといいね!
年末年始もバカ話よろちくね~(^o^)/
From:にしっち URL 2006.12.24. Sun 07:44 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message
Pass
Secret  管理者にだけ表示する
Top

Trackback URL

Top

Copyright © あろは★わ~い All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。