Calendar
2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

にしっち 

Author:にしっち 
   
しんごバカのにしっちです.

基本あまのじゃくのどえすさんです.
ときどきいたい人に変身したりします.
すっかり気まぐれ更新ですが、
細く長くお付き合いいただけたら嬉しいデス☆
○ 写 真 集 ○
○ こんなのも ○
-------------------------------
拍手でいただいたコメントへは、その日記の拍手ページにてお返事させていただいています。ありがとうございました。

● 過去のおはスマ・レポ ●
   ☆あろはわ~い分室☆
● メールはこちらへ ●



新着日記
リンク
なまかブログさん

過去ログ
検索フォーム
ブログ全記事表示
QRコード
QRコード
     



あろは★わ~い

... It's still you!!  

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.22 Thu 22:45
昨日やっとナキ観てきたよー。
完成披露はもちろんだめで、ちょこちょこあった試写は応募してる余裕もなく、舞台挨拶は数人のお友だちから声をかけていただいたにも関わらずどしても行けない私用で、、
という残念な感じだったので、
公開して行けるスキがあったらそっこー行くぞ!といきおいこんでいたのであるよ。

そんで泣かずに帰ってこれましたわん。

原作からはエッセンス的なものだけで
あとは大きく話が違うのかなと思ってたら

あ、内容に触れてしまうからこれ以上言えないf^_^;)

んだけど、もともと「泣いた赤鬼」の絵本じたいに、大人になってから改めてやられた記憶が鮮明なので
(たしか子どもがちっちゃい頃に読み直してみたんだったかな)
どーいう要素にグッとさせられるかはよく知ってたから、
映画で号泣するってことはなかったんだなー。

だからって、感動してないわけじゃあないっすよーもちろん。
うん。いいお話しだったー。

違う意味で感嘆したのは、
原作のあの短いお話しによくここまで膨らみをもたせたなぁすごい想像力だなぁ
そうかといって原作を大きく逸脱もせず、っていうさじ加減の良さがね、
とってもよかったです。

それにしても3Dの進歩はすごいねぇー!
もう「いま3Dで観てるんだ」って思ってしまう違和感が全然なかったもんね。
海面とか夕焼けとかほんとキレイだったー。
3Dと言えば今までは「飛び出す」っていうイメージだったけど、もう違うんだね。
前に出てくると言うより、奥に広がってる感じがすごいと思う。
なんかよくわかんないけどコンピューターの技術ってすごいんだねーっとばあ様のようなことを思ってしまうわ。


ナキの声、
また聞きに行きたいな!
今度は「あ~この声しんごなんだなぁ」って、たっぷりたっぷり堪能してきたいな。

そうそう。
一緒に観に行ったチビさんが終盤ポロポロ泣いてたのが
隣で私はおもしろかったー(笑)

なのに観てるときは真相がわかってなくて、
帰ってきてから私に説明されてやっと意味がわかったという…。
それでよくあんなに泣けるもんだねと思ったが、それよか国語力もうちょっとつけさせないといけないわー(汗)

スポンサーサイト
2011.09.29 Thu 18:08
ちょっと過ぎてしまったけれどー。

月曜日のストスマ。

始まったのがいつもよりもけっこう早かったみたいで
録音してたの聴いたらすでに4~5分はじまってたところだったー。
いつも23時15分からの予約にしてたから
月曜日は10分頃にははじまってたんだねー。
おじゃまっぷとかぶってたんじゃん。

ファンミの話だっていうから最初からちゃんと聴きたかったのになー。
ちっと残念。



「たくさんの人に会うことができたけど、たくさんの人に会えなかった、という気持ちもあります」

と。


うーん。

そう言われたらぐうの音もでないなー(苦笑)



まぁいいんじゃない?!そんなことはすまぷが気にしなくっても~。
もうぜんぶ済んだんだし!
また次にむかって進むんだしねー。
うん。
今年はもう終わったのよ~(笑)
あとはナキと年末恒例行事をがんばってくだされ。


てゆーかそんなところでふいに優しさを披露してくれなくていーわー。
思ってるかもしれないけど言わなくていいのにな。
言われちゃったらこっちもいい人になんなくちゃいけないじゃんよ(爆)
北京もすんでせっかく忘れかけてたのにぃ~(笑)



また新しいコンサート早くやりたいって
なんか思わせぶりな言い方してたけど~。

や。
あの言い方じゃあ今んところまだなぁ~んにも決まってないだろし(笑)
なぁ~んも決まってないってことは、
今から動き出したとしても年内はありえないし。
単発イベントならありうるのかもしれないけど
みんなが望んでいるものは まぁ順当な時期にしか来ないってことだなと。
うんうん、順当な時期でけっこうよ~と。

という私の解釈で
月曜のストスマはお気持ちだけ嬉しくちょうだいしてほっこり聴き終りましたデス。



2011.08.08 Mon 20:16
じぶん的覚え書き。

なので、
自分でわかりきってるのとか、すててるのとか、は書いてませんので、
くれぐれも参考にしないでくださいねー。
んでから雑誌名、正確じゃないです。そのうえ間違ってたらごめんなさーい。


【6月分】

* ピクトアップ (チェックしたかどうかも忘。。 8/8追記: 見てた見てた~買わない判断したんだった^^;)

* cinema☆cinema (買。)

* FLIX (逆に買わなかったパターン。超迷ったけど超耐えたー。でもお友達から画像を頂いてメチャ嬉しかった!)

* ぴあファミリー (不買。)

* ファミリーウォーカー (不買。)

* CLASSY (不買。たしかあっさり捨てた気が…。汗)


【7月分】

* シネマスクエア (見たっけ??…忘。 8/8追記: 早々にチェキしてましたら。今度荷物の少ない日に買おう~と思ってそれっきり忘れてたという・・・^^; 表紙なので買っておきました。)

* non-no (未。どーやってもチェックできないのでもう朝イチに図書館行って確認するしかないかと…。)

* SCREEN (未。 8/8追記: 不買。買う必要なし、と。)

* Supur (不買。ファッションページとしては成立。でも私の求めてるのはこれじゃない。笑)

* MORE (買。負けた。)

* TVnavi (不買。全員渋すぎて逆にパターン。)

* MISS (超迷いちう。記事も写真もど真ん中、ではある…。ぶっちゃけ買ってしまいたい。 8/8追記: 不買。日本映画naviと衣装おんなじだったんでスッキリ捨てられましたわん)

* SCREEN+ (未。 8/8追記: 不買。王道スマイルなんだけどなんかすごく好きで~爽やかブルー系のパーカーな衣装もすんごく可愛かったし!よっぽど買いたかったんだけど・・・シネスクをやめてこっちにしようか散々悩んだんだけど・・・やっぱ記念の表紙ってことでシネスクに軍配をあげたのでした。あーーーうぅう。 )

* Tarzan (不買。かっこいーんだけどねー。)

* 日本映画navi (未。 8/8追記: 買。MISSをすっぱり捨てられたのはこれのおかげ^^;)


【8月分】

* 女性自身 (不買。以前なら迷わず買うところ。)

* ジャンプ (私が買ったんではない。笑)

* TVガイド・ぴあ・ジョン・LIFE・station (ガイドのみ買。浴衣しんごはこっちのが好き。プラス5スマで決。)


【これから】

* オリスタ

* Wink-up

* LEE

* マリソル

* TVnavi SMILE



とりあえず「未。」の分のチェックを早くしなくちゃだなー。
でも映画雑誌は高すぎるから多分買わないと思うけど。
迷うはMISSだなぁ~。
すごい好きなんだけどーぉ。。。
見開き2ページのみでは高いんだよね~。
あーーーん(悩)。


もうね、雑誌まつり1回につき買うのは1~2冊!よっぽどのやつのみ!!

って決めたの~。だから悩んでんの~(笑)。
買い出したらどんどん秩序がなくなるし、
お金ももちろんだけど、整理する時間や保管場所…ムダだなと。
痛感してしまったので。
たぶん来年もっと痛感することになると思うので。。。


【追記】
。。。といいつつ映画誌3冊とMOREでトータル4冊も買っちってるではないかーー(汗)

2011.04.20 Wed 22:48
ラストシーンのところ。

純平が春菜ちゃんを追いかけて競技場の外に出てきて

なんだかんだと告げ(なんだかんだってf^_^;)

「勝手にすれば?!」と言われた その次の

「するよ!」って言うところ。

そこがイチバン好きだったーーー。

そこのシーン、

指だけはしんごのまんまなんだな~(#^.^#)

しんごのまま… って言うよりは

演じるだとかなんだとか なぁーんにも考えずに

ストンと純平におちていってるんだろうなぁ…

指だけ無意識にしんごのままなんだよなぁ(#^.^#)

と思いなが見てると

すこし可笑しくって

すごく好きなシーン。

2011.04.15 Fri 21:40
今回の震災で 保護者を亡くされてしまった子どもたちへの支援にと、

孤児であっても強く明るく いつも未来に希望を見いだしていた

「赤毛のアン」の名の元に 

有志の方々がチャリティ活動を始められたそうです。


私にとっては これに参加しないで他の何に参加するんだっっ=3 というような
特別の存在のAnneなので(^_^;) 
アンの名のもとに ほんの小さなチカラだけれど少しでも応援できることが嬉しいのデス。



詳細はこちらのHPから →→ 『赤毛のアン チャリティ募金』




アンはその人生の中で「道の曲がり角が好き」だと折りにふれ口にしています。

その言葉が最初に出てくるのは 第1巻の最後 第38章「道の曲がり角」

大学進学をひかえグリーンゲイブルズに帰郷したアンが、マシュウの死により進学を断念する道を選びます。
反対するマリラに言うアンの言葉、

「(中略)・・・ 自分の未来はまっすぐにのびた道のように思えたのよ。いつも先までずっと見わたせる気がしたの。ところがいま、曲がり角に来たのよ。
曲がり角を曲がった先になにがあるかはわからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。」


赤毛のアン第1巻の最後はこう締めくくられています。

「真剣な仕事と、りっぱな抱負と、厚い友情はアンのものだった。何ものもアンが生まれつき持っている空想と夢の国を奪うことはできないのだった。そして道にはつねに曲がり角があるのだ。
 『神は天にあり、世はすべてよし』 とアンはそっとささやいた。」



まっすぐにのびていたはずの未来への道を 突然曲げられてしまった子どもたちが
アンのように思うことのできる日が
どうか来ますようにと

ずっとずっと心の中で応援していきたいと思っています。

少しでもたくさんの方に 
アンにちなんだチャリティ活動を知っていただきたくて今日は書かせてもらいました(*^_^*)




                 (参照文献 ルーシー・M・モンゴメリ 「赤毛のアン」 村岡花子訳)

2011.01.26 Wed 17:24
え~~~と・・・

今年初登場にしっちデス
いまさら 新年おめでとうございますとか言えません、だってもう26ですか?(笑)
もう~~ほんと、、、なぜかなぜだかゆっくりPCを開いているヒマもなく今日まできてしまったー。
なんでこんなに時間が過ぎていくんだろー(笑)

ゆっくりPCに向かえる時間がないと ここには来れないので、
(ここに来るにはたっぷりの時間が必要なメンドクサイ私)
もうお気づきとは思いますが(^_^;)日々のしょーもないつぶやきを代わりにアップするという荒技に出ている今日この頃 ←ただの手抜き?(笑)

いや、えっと、この前(と言っても多分けっこう前)
なんかの用があって(それがなんだったかすでに忘れたけど^^;)ちょーう久しぶりに管理画面に行ってみたらば。
あら、いつのまに? ついったと連動した機能なんかできちゃってんの? だったので、
ちょっと試しに連動させてみちゃったんですー。
そしたら ちょこっとつぶやいただけでブログまで更新されちゃうというこれまた便利な(笑) ←だからただの手抜き?

いやいや、やっぱりね、いくら時間がないとはいえ
ずーっとここをほったらかしなのも気にはなるのでね~ (やっぱしホームグランド的な思いもあるので)

そんなわけで 今年はたぶんこんな調子でいくのかなと(^_^;)
あ、いつまでこのカタチを採用?してるかは自分でも未定なのですが(笑)

相変わらずこんな調子のにしっちですが 今年もどうぞよろしくお願いいたします。。。ってだから遅すぎるご挨拶だっつーの(≧∇≦)


しんごさんは~ えっと まぁお元気にしておられるようで何より(笑)
無事にクランクインして何より(え)
楽しみにしてた角さんにも やーっとなったし!!
早くテレビでもお披露目してくれるといいのにね~
発表までは伏せとくのか・・・な?
もったいぶらないで出せよう~って思うけど(笑)しんごがあーゆう手段をとるからにはなんか意味というか考えというか、があってのことなんだろなーと思ってます。 
ま、とにかく寒いロケがつづくので体調くずさないように祈るのみ(*^_^*)
それ以降のこととか新しいこととか・・も楽しみに発表を待ちつつね♪



2010.10.17 Sun 01:33
わーあ。
スマステのOPが変わったー!
いいじゃん いいじゃん(^w^) 前のよりもイイじゃん~♪

それなのに、なんだー!?
衣装のパンツの感じがなんか変だし 頭はやたらとデカイし(頭までボリュームもたさなくても ・・・あ)

ま 今日もカワイイからいいけど。



えーけーびーとコラボした高校生の吹奏楽部のみなさん
「司会がすごいんですよ」って聞かされて キャー(≧∇≦)って言ってくれてありがとう。
すごーく嬉しかったです。
なぜ私が(笑)

あと、
久しぶりに見ると 角さんもそんなに悪くはないかもしれない~(*^_^*)
(”角”でなければ、あのぐらいの短さ キライじゃないし)

ってことに気がつけたのが今日の音楽祭のにしっち的収穫だなー(え)


あともうひとつは ”歌うたい”のときの表情を見れたこと。



がんばったDVDのこととかー、、、
剛の草生活のこととかー、、、
その都度 書きたいなーと思うことが珍しくいっぱいあった最近なのだけど。
もーう どうにもゆっくり書いてる時間がなくて、すっかり旬を逃してしまったよ。

がんばったDVDで いまだにわからないのが
『10時間超え完全版』なのか
『10時間、超完全版』なのか・・・ 
どっちの意味で解釈したらいーのか いまだにわからない(笑)
そこ、こだわったところで変化はないんだけど^^;

で、その完全版DVDで私が一番「おぉ~~~」とテンションあがったところは
中居クンが『浜寺プール』を知っていたということでした(≧∇≦)
きっと多分大阪の人しか知らないんじゃないっていうようなローカル地名なのに^^
(実はひそかに 中居クンの完全版がいちばん楽しみだったー。あの職人さんがどんなふうにしてロケをこなすのかが興味津々だったのよー)

しんごは、 うん、 もうイチイチかわいかったよー。

はいはい。 よしよし。 うんうん。 がんばったがんばったがんばったね~(*^_^*)
って 小学生の男の子のよーに(それも3年生ぐらいまでの^^;)アタマなでなでしてあげたいような感じの(ぷ)




で、完全版といえば
「がんばりますDVD 見どころランキング・ベスト50」の完全版
(関東ローカル?でしょうかね ゴメンナサイ(>_<))

のしんごがすごーく好き。
唐突だけど^^;

ただのイタズラっ子なのかと思えば えらく職人技を見せてくれたり、
仕事人間の顔と すこーーーし素の顔と が行き来したりして。

リハ→本番の合間なのに わざわざオサレ私服に着替えて参入してくるよーな
草生活オジャマシマスしんご(?)なんて メじゃないくらい好きで、
緑のラーメン食べるしんごよりも 黒パンいっちょで報告しにくるしんごよりも 5Rよりも
よっぽどこっちのほうがリピ率の高い私ですがなにか(^w^)

あ、そーいえば。
草生活(←言うのが遅くなったけど ほんとーにありがたい番組でした・感謝)
でのライブの舞台裏。
いっちばん 「おわー・・・」と思ったのが
円陣組んで声出ししたあとの中居クンの戻りの早いこと!早いこと!
はやっ=3=3=3

どうも中居クンのやることなすこと気になるにしっちみたいです(笑)

2010.07.27 Tue 21:17
どこにも なぁ~んにも情報出てなかったと思うのですが


7/24(土)発売 『Safari 9月号』 


しんごが載ってまーす☆
(でも目次の字もすんごいちっちゃ~い これじゃ見落とすって!)



「香取慎吾が格上げブランドを余裕でこなす! 大人のデニムスタイルはさりげ上品に!」


だそーです・・・
ちょっと ぷぷっ(^w^) って感じ?!


計4ページにわたって ハイブランドのデニムをかっこよぉ~く着こなしてます(笑)←なぜ笑
本人の着こなしコメント付きです☆
まるでモデルさんです(笑)
いや 笑うとこじゃない! ほんと、ふっつーに えらくカッコよくキメてますから!
(キメられてると逆に「ぷっ」となる私でゴメンなさい^^;)

ぜひ明日は本屋さんへ(^_-)-☆




でもでも ぁ~んでこんなのを全然情報出てなかったんだろー
みんな気づいてなかったら見逃しちゃうじゃん

このしんごを見逃すのは相当オソロシイよ(笑)




【追記】
今 ジャニウェブ見たら情報あがってたー
昼間に確認したときは載ってなかったと思うんだけど・・・ 私の勘違い!?
まぁいいか載ったんなら(^_-)-☆


2010.03.25 Thu 20:30
話しは突然はじまりますが

IMG_7544_.jpg
左上のコが 今年のわたしのすけずーる帳。
さんざんアーデモナイコーデモナイと ケンケンガクガクして買ったすけずーる帳

そして
右下のコが ひょんなことから(ぷ)私のもとにやってきた もう1冊のすけずーる帳

さて このコをどーしましょ。。。
すけずーる帳2冊で管理されるほど私も多忙を極めてるわけではないし
そーかといって さらっぴんのままで放っておくにはしのびない このコ。
うーん どうしよう・・・

と気にかかりつつ日々を送っていて ある日突然ひらめきました

「よしっ そうしよう!」



2010.03.12 Fri 20:48
すこうし時間が経ってしまったけど。




終わっちゃったなー


終わっちゃったー


終わってしまってから 

はじめてターロウのことをここに書く

ずれてる わたし

いつものことだ~(笑)





ううん~ そうじゃなくって (それもあるけど^^;)

公演中は書く気になれなかったんだー

今日会えたターロウはこんなだった とか 今日見たターロウはあんなだった とか

コンサートのように そんなふうに1こ1こ書くの 

なんかちがうなーと思って・・・

(だから今回の更新もレポではないですよー ねんのため)

もちろん あるんだけどね
今日は ここのセリフの言い方がこんなだった とか
このシーン だんだん進化してきてる とか
ちょっと遊びはいってきてる~ とか
そんなのは
こまかく言い出すとキリがないし
生ものの舞台で そーゆうのは言っても意味がないというか・・・
1回1回 ひとりひとり 観たままのものが きっといちばんホンモノ・・・


というのは言い訳で
もーう キモチがいっぱいいっぱいで 
ただ うまくコトバにできなかっただけ? だったりする?(笑)



で 

今もまだ なにをどうコトバにして残せばいいのか・・・ なぞだよ~

でもとにかく書いてみよう






ターロウのこと

だいすきだー

しんごが今まで演じた役で
ここまでキモチ全開で 素直にだいすきだーって思えるのははじめてかなぁ
最初にターロウに会えたときから もう すぐにだいすきになったよ
ジブンのキモチの凸凹に左右されない
いつでもどんなときでも会いたくなる
そんなふうに



ミュージカル作品として とか
お芝居として とか
それはまぁ イロイロと思ったことはあるけども
そこはまぁ 私があれこれいう分野ではないので
そこはおいとこう(笑)


初めてターロウに会ったとき
ものすごーく感動したし 感心もしたし びっくりしたよー

だって しょーじき 
しんごがあんなにも やればできる子だとは全然思ってなかったから~
ほんとうにびっくりしたし 
その分 
うんにゃ それ以上に 
素晴らしいと思ったよ


しんごの演じ方は舞台の役者さんのそれとは全然ちがうけど
みっちりと基本が身についているお三人に囲まれても
ちっともひけをとらない存在感があって
ほんっとにこの人スゴイんだなと 
ちょっとショックなぐらい
なんでショックなのかわかんないけど(笑)
それぐらい思ったー


あれが しんごの しんごたるユエンだなって 

ココロから思ったよ


ふつうの言葉で言うと スーパースターの真の底ヂカラ? オーラ? とでもいうのかな
そんな ありきたりの言葉では 私は言い尽くせないけど


とにかく 

あれこそしんご  だし

だからこそしんご だと思ったー


そして 三谷さんの しんごに対する観察力はホントすごいなっ
と感心した(笑)
じゃなかったら あんな本は書けないよねぇ
まるで恋人のような観察力だわ(笑)
(蟻がどうとか そーゆう話しじゃなくってね^^;)
そんなにも惚れてくれてるんだなぁって うれしかったし
そんなしんごって 
なんだかナゾの すごいチカラが
まだまだ隠されてるんだろうなって
わたしが知ってるつもりの しんごのスゴさは
それでも氷山の一角なのかもしれない~って 思って
そんなナゾのチカラを見抜けている三谷さんが
羨ましくもあった





観にいくたびに
ぐぐっと胸に詰まるポイントがどんどん増えていって
前はだいじょうぶだったのに 今日はぜんぜんダメだぁ~(泣)
なシーンの増えること 増えること^^;
なぜだろう~
それもなぞのままで終わっちゃったな


ただ
それも
ストーリーそのものに感動して 
ではなくて (みたにしゃん ごめんなしゃい^^;)
ターロウの向こうにいるしんごに対して 
みたいな?
それが なんだか ぐぐっときて ぐぐっときちゃうんだ(泣)
それがどんどん増えていったから困っちゃうんだ~
(もちろん お話しそのものにグッと引き込まれるところも だいじなメッセージとして受け止めたところも たくさんあったよ~)



歌も 踊りも セリフも 間も
ぜんぶ覚えられてるぐらいなのに
”観る” ということに慣れることは
とうとう最後までなくって
いつも ものすごくチカラが入ってて
いつも 帰りの電車でおなかがキリキリ痛かった~
すんごい体力必要だった~(笑)
でも痩せないんだな
すばらしく
現状維持(ぷ)



だから千秋楽こわかったー
ジブン 観てるあいだじゅう どうなっちゃうのか
ジブンで読めなさすぎて~

結果はね
ぬはは^^;
そこまでか?! っていうぐらい
過去最高に 
ふふふ
ぼろんちょだった~~(大笑) ←じゃなくって!! (号泣~) 
そこで? っていうような みんな笑ってるところででもだったから
となりの知らない人に
なんだこいつ??と思われたらどーしよーって さすがにちょっと焦ったぐらい

今後 しんごがどんなお仕事しても そこまではならないっていう
逆に自信あるぐらい(笑)

だって きっともうないもんね~ 
こんな 
こんな 
こんな・・・


こんなお仕事っっっっ (爆爆)


(あ・・・ なぞと言えば^^;
ダイソン博士がどーして突然 ”シンコペーション” に熱くなっちゃうのか 
いつも終わったら誰かに聞こう~と思いながら忘れつづけてて とうとうナゾのまんまだわ ・笑
シンコペーション・・・はしょってカンタンに言うと拍の強弱が入れ替わるってことで、よーするにいわゆる「裏拍」ですけども・・・なぜにそこで?! 元ダンサー助手くんの裏拍ダンスがなってないってこと!? 笑)




千秋楽
カーテンコールでしんごにボロ泣き(ぷ)されたらどーしよーーーって
びびってたけど
案外 あっさりさんで
というよりは
きっといっぱいいっぱいで 
泣けてくるなんていう余裕も実感もなかったみたいで

それよりはニモイ先生やニイロくんを見てるほうが
こっちもつられて よけいに泣けた~
ジェイさんは放心って感じだったし

私は私で
終わってしまった寂しさではなくて
やっとターロウから解放してあげられるんだなっていう安堵感と
11月のある日の朝から今までの 
いろーんないろんなことを思い出したり
初めてターロウに会ったあと
手を離すと とたんにカタカタ震える 笑えちゃうけど泣けちゃう手のことを思ってたり
ぐるぐるで
ぐちゃぐちゃだったー(苦笑)



しんごのごあいさつやモロモロのことは
とっくにくわしいレポがあちこちあると思うので
私情はいりまくりな私がここに書くのは遠慮しておきます(汗)

ただ

走り抜けた充実感 からなのか
ほんとうにほんとうに
うれしい かわいい ぎゅうっとなる
笑い顔だった





そして いまのわたし。。。


TALK LIKE SINGINGが 終わってしまって寂しい 

っていうのは

ない、

んだ。



もうターロウには会えないんだなぁって

しみじみ思いはするけども

でも

うん それでいい! ってスッキリしてる


わたしの中に 

たっくさんのターロウが

ビックリするほどそのまんま

残っていてくれるから

いつでもすぐ会えるところに

残っていてくれるから

さみしくないし

ココロ残りなところも全然ない




それよりも

ターロウをやりきったしんごが

次になにをするのか

どれぐらい変化してるのか

そっちのほうが とっても楽しみ

楽しみ過ぎで

はやく次のしんごに会いたい










いつも 最後に アタマをさげるとき

ぐっと両の拳をにぎりしめるしんごが


だいすきだったよ


そこは ターロウじゃなくってしんごとして で ね





そしてそして

ターロウが 13+50公演 乗り切ったのならば
ダイソン博士も ニモイ先生も ブラザーも
ターロウの友人たちのバンドの皆さんも
おおぜいのスタッフさんも
それから 
ターロウと年がら年中共に生きてる(これマジだもんね)マネーロウも

おんなじことで・・・

ほんとうに

ほんとうに

すてきな舞台 

ほんとうにありがとうございました。

とってもとってもとっても


『 し あ わ せ~~~~ 』


でした。



ほんとうにお疲れさま のかわりに

ギリギリの想いで

せいいっぱいふりしぼって


「ありがとう」


だよ



Copyright © あろは★わ~い All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。